• トップ /
  • 歯科医院で口内やけどを治療する

口の中をやけどしたら歯科医院へ

治療

アツアツのスープやコーヒーを飲んだせいで、口の中が腫れて痛くなったり、水ぶくれが出来てしまうことがあります。そのまま放置する方も多いですが、悪化すると治りにくいので、お近くの歯科医院でやけど治療を受け、鎮痛剤をもらうようにしてください。とりあえず自分で対処したい場合は、とにかくすぐに冷やすことが大切なので、冷たい水や氷で冷やすようにし、細菌の感染を防ぐためにも、口の中を良く洗うようにしましょう。口の中は細菌だらけですし、食事をすると食べかすが残るので、汚れたままにしていると治りにくくなります。歯科医院に行けば、やけどの痛みを抑えるための鎮痛剤を出してくれるので、我慢しなくても済みます。口の中が腫れたり、痛くなると食事をしにくくなるので、自然に治るのを待つのではなく、お医者さんに診てもらうようにしましょう。水や氷で冷やしても、口内の腫れや痛みが治まらないときは、砂糖やはちみつを舐めるのもおすすめです。砂糖を舐めると、快楽ホルモンのエンドルフィンが放出され、痛みが和らぐといわれています。はちみつを舐めると、口内炎などの傷を治す効果を期待できます。痛みがひどい場合は民間療法では治らないので、歯科医院でやけどの治療を受け、ロキソニンなどの鎮痛剤を処方してもらうようにしましょう。

 

LINEで送る